[寅] 株式会社 石寅

故・川端康成先生と石寅

[京都の木]北山杉記念碑(川端康成先生揮毫)

「石寅の石でなければ揮毫しない」

故・川端康成先生との縁は、匠の技へのこだわりから。

石寅では、高名な諸先生方の作品を多く手がけてまいりましたが、中でも 川端康成先生とのご縁はたいへん深いものがあります。

先生の揮毫による「京都・北山杉記念碑」では 「石材は大阪付近の自然石、石屋は嵯峨野の石寅さん」と、 御自身から指名されるという名誉を頂き、さらに 「石寅の石でなければ揮毫しない」とまで言わしめました。

井原西鶴辞世碑

井原西鶴辞世碑(北条団水 筆)

「浮世の月見過しにけり末二年」 井原西鶴 辞世

また、「井原西鶴辞世碑」の建立でも、川端康成先生の大きな力をいただきました。 先生の生前に碑の揮毫をお願いしていたところ、突然の他界。 しかし以前「辞世碑の書として最もふさわしい」とおっしゃっていた 西鶴の弟子・北条団水の書を採用して、井原西鶴没後三百年にあたる 平成5年、大阪谷町四丁目に無事完成しました。

「石寅の石でなければ揮毫しない」-という先生の言葉は、 石寅にとって大きな支え。石匠としての誇りとその責任の 重さを実感する言葉です。